03-6205-3311

バイオアソシエイツ株式会社

東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F

業界動向

Nooma Bio社、超高解像度ゲノムおよびエピゲノムマッピングのためのデュアルナノポア技術開発を推進する新リーダーシップチームを発表。DNAシーケンサーのベテラン、コーコラン氏がCEOに就任。

2022年3月7日のリリースで、デュアルナノポア技術を使ってゲノム全体の構造およびエピジェネティックな変異を検出する革新的企業であるノーマバイオ社は、最高経営責任者にDNAシーケンスのベテラン、ケビン・コーコラン氏を含む新しいリーダーシップチームを発表しました。コーコラン氏は、30年以上にわたって先進的なゲノム技術の開発と商業化に携わってきました。Nooma入社以前は、Agilent Technologiesで副社長兼ゼネラルマネージャー、Pacific Biosciencesでマーケティング担当上級副社長を務めました。それ以前は、Lynx Therapeutics社の社長兼CEOとして、同社の超並列ショートリードシーケンス技術の開発と商業化の責任者を務めました。また、Applied Biosystems 社の DNA 遺伝子解析事業で副社長兼ゼネラル マネージャーを務めたこともあります。カリフォルニア州立大学でコンピュータサイエンスの理学士号を取得しています。

コーコラン氏のリーダーシップ チームには、以下のメンバーが参加しています。;

エンジニアリング担当上級副社長であるポール・ランドクィスト博士は、MGIでエンジニアリング担当副社長を務めた後、IBM、Ciena、Berkeley Lights、Pacific Biosciencesに在籍しました。
製品開発担当副社長であるエイドリアン・フェール博士は、InvitaeでcfDNAバイオインフォマティクス担当ディレクターを務め、それ以前は10x Genomics、Singular Bio、Siemens Healthcare、Pacific Biosciencesに在籍していました。

Nooma社の共同創業者であり最高技術責任者のウィリアム・ダンバー博士は、「このような優秀な科学者や業界のリーダーをNooma社のチームに迎えることができ、大変うれしく思っています」「ケビン、ポール、エイドリアンと緊密に協力し、当社独自のデュアルポア技術を発展させ、それを用いてDNA上のゲノムおよびエピジェネティックな特徴のマッピングに変革をもたらすことを楽しみにしています。」と述べています。

Khosla Venturesからのシードファイナンスで2020年に立ち上げられたNoomaは、特許取得済みのデュアルナノポア技術の開発と商業化を加速させるために設立されました。このアプローチは、一連の短いオリゴでタグ付けされた長いDNA分子を捕捉し、数秒のうちに反復的な電子スキャンを実施する。ゲノムモチーフのタグと塩基修飾のタグを区別して検出することができ、次世代シーケンサーで必要とされる修飾変換化学反応も不要になります。

「Nooma社のCEOを2年近く務めた後、ケビンをチームに迎えることができ、大変嬉しく思っています。彼は、Nooma社の発展と成長の次の段階への移行をリードするのに最適な人物です。小さなゲノムを電子的にマッピングする能力を実証することに成功した後、Nooma社は現在、開発を加速し、ライフサイエンス研究ツール市場にこの革新的なツールを提供する態勢を整えています」と、同社の共同創業者であるミュリエル・ティナード・マクレーン氏は述べています。

「私は、Noomaのリーダーシップの移行に際してのミュリエルの助けと指導に非常に感謝しており、彼女が取締役会のメンバーとして引き続きNoomaの将来に貢献してくれることを嬉しく思っています。がん、老化関連疾患、および構造的・エピジェネティックな変異に起因するその他の疾患における新たなブレークスルーを後押しできる差別化された技術プラットフォームを開発・商業化する機会を得たことに興奮しています。」とコーコラン氏は述べています。

Nooma Bio 社

ヌーマ・バイオは、ヒトの健康を左右するゲノム全体の構造およびエピジェネティックな変化を解明するための独自のデュアルナノポア技術を開発しています。同社の革新的なプラットフォームは、オリゴタグを付けたDNA分子を数秒で繰り返し電子的にスキャンすることで、超高解像度のゲノムおよびエピゲノムマップを作成します。Nooma社は株式非公開企業で、カリフォルニア州サンタクルーズに本社を置いています。詳細については、nooma.bioをご覧ください。

[News Release] [Nooma Bio]

 


バイオクイックニュース日本語版

-業界動向