03-6205-3311

バイオアソシエイツ株式会社

東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F

業界動向

CN Bio社、Physiomimix NASH "In-a-Box" 試薬キットを発売

2022年4月26日、単一臓器および多臓器マイクロフィジオロジーシステム(MPS)の設計・製造を行う臓器チップ(Organ-on-a-chip; OOC)のリーディングカンパニーであるCN Bio社は、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の最も重症な形態である非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に関するPhysioMimix™試薬キット「in-a-box」 を発表しました。これまで受託研究サービスでのみ入手可能であったCN Bioのクラス最高のNASH in vitroモデルは、この世界的なヘルスケア上の優先事項である治療薬の迅速な開発をサポートします。

拡大するNASHの有病率に対処するための研究努力にもかかわらず、この複雑な疾患に対する人間の反応を従来のin vivo動物実験アプローチで予測することができないため、現在までに規制当局が承認した治療薬は存在しません。CN BioのPhysioMimix MPSと組み合わせたNASH-in-a-box(NIAB)キットは、疾病メカニズム、ヒトでの薬効、安全毒性について生理学的に適切な洞察を得るための社内能力を研究者に提供するものです。このアッセイは、既存のアプローチにおけるヒトとの関連性の限界に対処し、ヒトの2次元細胞培養と、疾患の全領域を模倣するのに有効でない高価な動物モデルとの間のギャップを埋めるものです。これにより、NIABキットのユーザーは、より洞察的で正確、かつ費用対効果の高い医薬品開発を促進する、臨床に即した予測データを生成することができます。

CN Bio社は、「in-a-box」シリーズを通じて、業界で実績のあるOOCアッセイを簡単かつ迅速に再現する方法を提供し、創薬ワークフローにMPSを迅速に取り入れることを目指します。NIABキットでは、社内検証済みの初代ヒト肝細胞、星状細胞、クッパー細胞の共培養を成功させるためのソフトウェアベースのプロトコルが、新規ユーザー向けにわかりやすく説明されています。このプロトコルは、ヒト肝臓の微細構造を正確に再現した3Dマイクロティッシュ構造の形成を可能にします。脂肪酸を導入することで、NAFLD/NASHの主要な病態である細胞内脂肪蓄積、炎症、線維化を再現することができます(1)。一度作成されたモデルは、高含有率で臨床応用可能なエンドポイント測定により、薬物(あらゆる様式)と疾患の正確なメカニズム効果を調査することができます。

コメント

CN Bio社 CEOのDavid Hughes博士は、「NASH-in-a-boxにより、CN Bio社は、当社の研究所に検査を委託したい企業から、自社で能力を開発したい企業まで、市場範囲を拡大することができます。NASHキットの発売は、当社の "in-a-box "シリーズの第一弾として、創薬産業における臓器オンチップ技術の普及に向けた重要な一歩となります。その結果、本製品は、医療制度に大きな負担をかけながら、承認された治療法がないこの疾患をターゲットとした創薬プログラムを可能にすると確信しています。」と述べています。

CN Bio社 シニアサイエンティストのOvidiu Novac博士は、「この新製品は、当社のマイクロフィジオロジー・システムの利点を最大限に発揮するものであり、科学者が自分の研究室で使いやすく、かつクラス最高の肝臓モデルを利用できるようにし、プロセスを合理化して、はるかに迅速で費用対効果の高いものにします。これにより、医薬品開発プロセスにおいて、より徹底的で正確な試験が可能となり、切望されているNASHの新薬が上市される可能性が高まると考えています。」と述べています。

詳細については、cn-bio.com/nash-in-a-box/をご覧ください。

フィジオミックスOOCシリーズの今後の詳細については、cn-bio.com/physiomimixooc/にアクセスしてください。

Reference

1. Kostrzewski, T., Snow, S., Battle, A.L. et al. Modelling human liver fibrosis in the context of non-alcoholic steatohepatitis using a microphysiological system. Commun Biol 4, 1080 (2021). doi.org/10.1038/s42003-021-02616-x


バイオクイックニュース日本語版

-業界動向