切り抜き詳細

発行日時
2018/3/29 14:30
見出し
無性生殖のアマゾン・モーリーのゲノム・シーケンシング完了
リンクURL
http://biomarket.jp/bioquicknews/article723.html 無性生殖のアマゾン・モーリーのゲノム・シーケンシング完了への外部リンク
記事詳細
報いられない愛に苦しまない種はない。しかし、アメリカのテキサス州在来種の個体全てがメスで無性生殖をすることで知られたカダヤシ属の淡水魚、アマゾン・モーリーは何千年も栄えてきた種である。最近、この魚のゲノムシーケンス解析が完了しており、その性の生物学的基礎情報から学ぶことは多いのではないかと研究者は期待している。テキサス州・メキシコ国境線に沿った淡水の河川はこの進化異常の種の棲息地になっており、この魚は自然の法則に反して受精なしで胚の発育と発達が起き、母親とまったく同一のクローンの娘だけができる単為生殖という自然の形式によって繁栄してきた。Texas A&M University Hag
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失