切り抜き詳細

発行日時
2018/4/19 11:30
見出し
エキソソームに似たより微小で機能の異なるナノ粒子「Exomeres」の同定が最先端技術で可能に
リンクURL
http://biomarket.jp/bioquicknews/article726.html  エキソソームに似たより微小で機能の異なるナノ粒子「Exomeres」の同定が最先端技術で可能にへの外部リンク
記事詳細
Weill Cornell Medicineの科学者が発見した新しい細胞メッセンジャーは、がん細胞が体内の細胞間送達をどのように行うのかを明らかにするのに役立つかもしれない。 2018年2月19日にNature Cell Biologyに掲載された論文では、非対称フローフィールドフロー分画(asymmetric flow field-flow fractionation : AF4)という最先端の技術が、がん細胞が分泌するDNA、RNA、脂肪、およびタンパク質を含むエキソソームを効率よく分画できることを示している。この技術により、研究者は2つの別個のエキソソームサブタイプを分離し、「エクソメア
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失