切り抜き詳細

発行日時
2018/4/25 11:00
見出し
妊娠中に極度のつわりを起こす可能性が高い2つの遺伝子を同定
リンクURL
http://biomarket.jp/modules/bioquicknews/article727.html 妊娠中に極度のつわりを起こす可能性が高い2つの遺伝子を同定への外部リンク
記事詳細
ほとんどの女性は妊娠中につわりを経験するが、妊娠中の女性の約2%が、ときには症状が深刻で入院が必要な程の、より重度の悪心および嘔吐の症状を経験する。妊娠中の重度妊婦とも呼ばれるこの状態は、ケイト・ミドルトン/ケンブリッジ公爵夫人が妊娠中に耐えたものと同じである。 UCLAの研究者によって主導され、2018年3月23日にNature Communicationsのオンライン版に公開されたこの新しい研究では、前回の研究では原因が特定されていない、催吐性重篤度に関連する2つの遺伝子が同定された。GDF15およびIGFBP7として知られているこの遺伝子は、胎盤の発達に関与しており、早期妊娠および食欲調
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失