切り抜き詳細

発行日時
2018/5/22 12:00
見出し
ペンシルバニア大学が新視点で進める癌免疫療法
リンクURL
https://biomarket.jp/modules/bioquicknews/article730.html ペンシルバニア大学が新視点で進める癌免疫療法への外部リンク
記事詳細
免疫革命と呼ばれる中、ペンシルベニア大学のアブラムソンがんセンター(UPenn)のディレクターであるRobert H. Vonderheide MD,PhD(写真)が、癌免疫療法の分野で革新的な進歩を続けている。Vonderheide博士は画期的な免疫療法の成功について、多くの患者が初期の成功の後に反応しなくなるか、または再発するかのいずれかであるため、甘くないと説明している。 現在の癌免疫療法の主な戦略は、免疫系のオフスイッチを阻止することである。例えば、免疫細胞上のPD-1分子が腫瘍細胞上のPD-L1に結合すると、免疫系は不活性化し、 免疫系から隠れる。 PD-1(pembrolizuma
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失