切り抜き詳細

発行日時
2018/7/5 14:30
見出し
鉄-硫黄クラスターの研究は、病気を調べる新しい手段を提案する
リンクURL
https://biomarket.jp/modules/bioquicknews/article737.html 鉄-硫黄クラスターの研究は、病気を調べる新しい手段を提案するへの外部リンク
記事詳細
人体の多くの重要なタンパク質は、正しく働くために、鉄 - 硫黄クラスター、鉄と硫黄原子でできた小さな構造を必要とする。アメリカ国立がん研究所(NCI)、アメリカ国立衛生研究所(NIH)、およびケンタッキー大学の研究者は、鉄硫黄クラスターの形成の中断が特定の細胞に脂肪小滴の蓄積をもたらす可能性があることを発見した。これらの発見は、Journal of Biological Chemistryの2018年5月25日号に掲載されており、非アルコール性脂肪肝疾患や腎明細胞癌のような状態の生化学的原因に関する手がかりを提供する。この記事は、「哺乳動物細胞における代謝再プログラミングおよび脂質液滴の形成に
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失