ライフサイエンス研究支援事業向けマーケティングコンサルティング

近年、再生医療研究や創薬研究に用いられる各種のライフサイエンス研究支援事業(研究装置や研究試薬などのライフサイエンス研究支援ツール事業)に、これまでのライフサイエンス企業に加え、異業種からも自社保有技術を活かすべく新規参入が相次いでいます。バイオアソシエイツはライフサイエンス研究支援事業領域に特化したコンサルティングを行い、新規参入やマーケティングのサポートを行っています。

ライフサイエンス研究支援市場の動向

ライフサイエンス研究支援市場とは、様々な生命科学研究や医薬品・再生医療等製品の製造や品質管理などに用いられる研究機器・研究試薬・研究受託支援サービスで構成される市場です。

日本国内のバイオツール市場を俯瞰すると、研究現場で普及する多くの製品は外国製であり、外資系メーカーの優勢が目に付きます。これは有力な論文などに掲載されたツールが重視される傾向があるからです。

トレンドが素早く変化するライフサイエンスの研究開発において、研究者にとって「結果が出せる」ツールが最も重要な購買ファクターであることは言うまでもありません。

ではサプライヤー側としては、どうしたら競合より先にトレンドをつかみ自社製品を浸透させることができるのでしょうか?  後発品の場合は、どうすれば市場を獲ることができるのでしょうか?

当社ライフサイエンスコンサルティングの特徴

バイオアソシエイツでは、バイオ・ライフサイエンス研究支援産業を熟知したコンサルタントが、プロダクトマーケティングのサポートを行います。

また当社は4千名規模のライフサイエンス研究者のデーターベースを構築し、市場調査「BioSurvey」を行うことができます。

BioSurveyの結果(ユーザーニーズや利用動向)は、定量的マーケティングデーターのため、ライフサイエンス製品の研究開発にご利用いただくことができます。

ライフサイエンスコンサルティングにBioSurveyを組み込むことで、ユーザーニーズに基づく指導助言を行うことが可能です。(BioSurveyは単発でのご利用も可能です。)この手法を用いることで、競合との差別化を適切に行うことができ、研究者に選ばれる製品として上市が可能になります。

当社のライフサイエンスコンサルティングをご利用いただくことは、多数のライフサイエンス研究者グループと繋がることを意味します。 自社の製品開発や事業プランが本当に研究現場のニーズに合っているのかを事前に検証できるので、上市してから問題点に気づくといった新規参入にありがちなミスも回避できるメリットがあります。

様々なコンサルティングニーズに対応

当社のライフサイエンスコンサルティングは、ライフサイエンス研究支援事業領域に取り組む大手企業様からバイオベンチャー様など様々なクライアントニーズに対応しています。

  • 製品開発のプロセスにユーザーニーズを反映したい(R&D支援)
  • 新規参入する上での外部アドバイザーが欲しい(顧問業務)
  • プロトタイプの実証試験に協力してくれるパイロットユーザーを探したい(マッチング)
  • 技術的な助言や指導をしてくれる外部の研究者を探したい(マッチング) etc.

詳細はフォームよりお問い合わせください。



    ご質問見積り希望資料請求リモート面談希望その他