03-6205-3311

バイオアソシエイツ株式会社

東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F

業界動向

Creative Biostructure社、リポソームとエクソソームの混合ナノ粒子の構造解析にクライオ電子顕微鏡を用いた粒子形態解析サービスを発表

構造生物学分野の科学者に費用対効果の高いサービスを提供することを専門とするバイオテクノロジー企業、Creative Biostructure社は、リポソームとエクソソームの混合ナノ粒子の構造解析のために、低温電子顕微鏡ベースの粒子形態解析サービスを提供することになりました。クライオ電子顕微鏡(クライオEM)粒子解析技術は、構造生物学における新たな勢力となり、混合リポソームおよびエクソソームナノ粒子の構造解析においてますます重要な役割を担っています。粒子状物質の性質や発生源に関する基本的な情報は、しばしば個々の粒子のサイズ、形状、および/または表面形状から収集することができます。クライオ電子顕微鏡を用いると、粒子の形態を分析し、低分子と結合したときのタンパク質構造を得ることができ、これは薬化学の開発において重要な役割を果たす。Creative Biostructureの科学者たちは、世界のトップレベルの研究所から学び、クライオ電子顕微鏡チームを作るために努力しています。

Creative Biostructure社での粒子形態解析は、微粒子の冷凍サンプルをEM下に置くと、精密に収束した電子ビーム(プローブ)が非破壊で照射されるという原理に基づいている。粒子形態解析で最もよく使われる発光信号は、二次電子、特性X線、後方散乱電子です。凍結した粒子試料から発生する二次電子は、粒子形態の特徴付けによく利用される。試料に一次電子流が照射されると、試料中の原子と様々な相互作用が起こる。そのため、試料は様々な形態の放射線を発し、試験や加工後の組成の決定に利用することができます。

Creative Biostructure社のEMプラットフォームは、40 nmから2,000 nmのサイズの個々の粒子の形状とサイズの分析、個々の粒子またはポリマーの区別、ポリマー内の構造の定量化、球状または非球状の分析、個々の粒子の数混合物の計算ができる粒子形態特性評価システムを開発しています。

「当社の低温電子顕微鏡チームは、脂質ナノ粒子、リポソーム、エクソソーム、エマルジョン、ウイルス様粒子の処理と同定において豊富な経験を持っています」とCreative Biostructure社のマーケティングスタッフ主任はコメントしています。

米国Creative Biostructure社が提供する粒子形態解析サービスの詳細については、こちらをご覧ください。


バイオクイックニュース日本語版

-業界動向