03-6205-3311

バイオアソシエイツ株式会社

東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F

業界動向

ERS Genomicsは、CRISPR遺伝子編集ツールと試薬の商業化に関するNew England Biolabsへのライセンス契約を発表。

2020年1月7日、ERS Genomics Limited(アイルランド・ダブリン)は、Emmanuelle Charpentier博士が共同所有するCRISPR / Cas9の知財(IP)への広範なアクセスを提供するために設立され、分子生物学アプリケーション向けの酵素の世界的リーダーであるNew England Biolabs (NEB®・マサチューセッツ州イプスウィッチ)にCRISPR / Cas9ツールと試薬を販売する権利を付与する契約に署名したことを発表した。

NEBは、ゲノム研究用の組換えおよびネイティブ酵素の最大の選択肢を提供し、製品の提供をゲノム編集を含む新しい研究分野に拡大し続けている。 CRISPR / Cas9試薬およびツールのプロバイダーとして、ERS GenomicsからのNEBへのライセンスは、これらの技術を使用および販売する会社の権利を拡大するものだ。 ERS Genomicsは、Charpentier 博士からCRISPR / Cas9をカバーする基盤知財の世界的な独占ライセンスを保有している。 企業はこのツールのライセンスを取得して、研究ツール、キット、試薬、遺伝子組み換え細胞株および生物の内部研究と商業化を行うことができる。

「New England Biolabs は、分子生物学アプリケーション向けの酵素の発見と生産で世界的に認められている。」と、ERS GenomicsのCEOであるEric Rhodes氏は述べた。

「CRISPR / Cas9を会社のポートフォリオに追加することで、最新の技術進歩の分野で引き続き顧客をサポートできるようになる。 NEBがERS Genomicsを通じてCRISPR / Cas9テクノロジーのライセンスを選択したことを非常に嬉しく思う。NEBは、利用可能な分子ツールボックスを広げ、研究試薬のプロバイダーとしての世界的な評判を維持する試薬とワークフローを研究者に提供できることに興奮している。」と NEBのRNA生物学およびゲノム編集のプロダクトマーケティングマネージャーのBreton Hornblower博士は述べている。

http://www.bioquicknews.com/node/5209


バイオクイックニュース日本語版

-業界動向