CN Bio社、MITとノースイースタン大学からヒト腸内細菌叢モデリングツールのライセンスを取得 – ヒト腸内細菌叢と健康への影響との関係について新たな知見が得られることを期待

2027年7月27日、単臓器および多臓器の微小生理学的システム(MPS)を設計・製造するOrgan-on-a-Chip企業(OOC)のリーディングカンパニーであるCN Bioは、マサチューセッツ工科大学(MIT)およびノースイースタン大学から、腸内マイクロバイオーム(GuMI)をモデル化するための新しいツールのライセンス権を獲得したことを発表しました。この技術は、CN Bio社のPhysioMimix OOCシリーズの単品および多臓器用MPSに統合され、研究者がマイクロバイオームと腸の直接的な相互作用や、マイクロバイオームが肝臓や脳などの臓器に及ぼす広範な影響を調べることを可能にします(2023年の発売予定)。

ヒトのマイクロバイオームとその健康への影響を研究することは、研究者にとって非常に興味のある分野であり、OOC技術にとって極めて重要なアプリケーションです。CNバイオは、MITとの関係を通じて、OOCのパイオニアであり長年の共同研究者であるMIT生物工学科のリンダ・グリフィス教授(写真)からGuMI装置のライセンスを受けています。グリフィス教授のグループは、この装置を使用した研究成果を2021年1月15日発行のMed誌に掲載しており、共同特許権者であるノースイースタン大学のレベッカ・キャリアー教授からもライセンスを受けています。Med誌に掲載された論文のタイトルは、”Primary Human Colonic Mucosal Barrier Crosstalk with Super Oxygen-Sensitive Faecalibacterium prausnitzii in Continuous Culture”(プライマリー・ヒト大腸粘膜バリアと超酸素感受性フェカリバクテリウム・プラウスニッツィの連続培養)です。

ヒトのマイクロバイオームを実験室でモデル化することは困難です。特に、その数千の菌株の多くは、酸素にさらされると増殖も生存もできないからです。動物モデルやin vitro細胞モデルは、この分野の研究に一定の知見を与えてくれますが、これまでは、これらの高度に酸素に敏感な微生物の増殖をサポートする大腸粘膜バリアの長期的なin vitro共培養システムは存在しませんでした。

GuMIデバイスは、研究者がシステム内の酸素レベルを正確に制御することを可能にし、嫌気性細菌が腸のバリアーの上の粘液層で成長することを可能にします。これは、人間の生理機能に近いものです。マイクロポンプは、細胞培養液を循環させて細胞に栄養を与え、マイクロバイオームの特定の分析のために細菌をシステムから除去します。

今回の契約は、キングスカレッジロンドンが、肝硬変の治療効果を高めるために、宿主と微生物の相互作用を特徴づけ、操作するためのヒトに関連したユニークな肝腸モデルを作成するために、CNバイオのPhysioMimix™多臓器MPSを採用したことに続くものです。

CNバイオ社 CEOのコメント

CNバイオ社のCEOであるDavid Hughes博士は、次のようにコメントしています。「私たちは、マイクロバイオームが人間の健康や病気において重要な役割を果たしていることを急速に理解しつつあります。この分野では、研究者がマイクロバイオームとその相互作用を探求し理解することを可能にする実験システムが不足しています。当社のPhysioMimixシステムにGuMI技術を加えることは、創薬を促進するための最も生理学的に適切なモデルを顧客に提供するというCN Bioの旅における重要なステップです」。

今後のPhysioMimix Single and Multi-Organ Systemsの詳細については、こちらをご覧ください。

[News release] [Med article]